ドレッド、特殊パーマ等のヘアスタイル写真、日常起こったこと、思うこと、感じたことなど、不定期にUP!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ドレッドロックス!ほどいてスタイルチェンジ!!
0
    長年ドレッドロックスを楽しんできたお客様が今回でついに
    ほどきます。

    ドレッドロックス

    ドレッドロックス

    なかなか太めのナチュラルなドレッドロックスですね。
    ほどくのは多少もったいない気もしますが、これもご本人の
    決断です!!では、参ります。
    ドレッドロックス

    パツパツと調子良くドレッドをカットして行きます。
    で、約1時間でほどけました。
    シャンプーをしてカットですね。

    完成!!
    モヒカンスタイル

    モヒカンスタイルです!!
    かっこいいー!!
    モヒカンスタイル

    モヒカンスタイル

    長い間、ドレッドロックスを愛してくださいまして
    誠にありがとうございました!!感謝です!

    またいつかドレッドロックスに挑戦してくださいね!!


    blogram投票ボタン
    アフロドレッド ドレッドロックスのメンテナンス
    0

      アフロドレッド/ドレッドロックスのメンテナンスです。
      今回のお客様はドレッドロックスを下ろすのではなく日常的に
      上で結んでいます。

      状態的には根元から新生毛がかなり出てきている状態です。

      ドレッドロックスが一本一本がぼやけた感じです。

      反対側

      約2時間後

      根元の新生毛もすっかり収まりドレッドロックスもしっかりとした
      感じです。

      反対側

      アップです。
      ぼやけた印象がなくなりハッキリくっきり感じが出ました。
      この状態でパーマはかけず、エクステンションも一切使っていません
      あくまでもお客様の自毛のみで根元の補修とメンテナンスをしています。

      最後にいつのもの様に上で結んで完成です。

      お疲れ様でした。


      blogram投票ボタン
      アフロドレッド/ドレッドロックス
      0
        アフロドレッド/ドレッドロックスです。
        モヒカンラインをドレッドにしていきます。



        アフロかけ終わりました。
        アップですね。

        完成しました。


        blogram投票ボタン
        アフロドレッド ドレッドロックス 
        0
          自毛のアフロドレッド/ドレッドロックスです。
          施術前の状態です。
          毛先に少しパーマがかかっています。



          まずはアフロをかけていきます。
          ワインディング終了

          アフロかけ終わりました。

          ドレッドロックス完成です。


          アップです


          blogram投票ボタン
          アフロドレッド/ドレッドロックス メンテナンス
          0

            アフロドレッド/ドレッドロックスのメンテナンスです。

            全体的にモワッとした感じです。


            反対側です。

            根元近辺もモワモワした感じです、
            しかしほどけている様子は無くドレッドロックスの
            ロック状態はしっかりと出来始めています。

            アップです。

            約一時間のメンテナンスが終わりました。

            メンテナンス前よりしっかりと締まりました。
            ドレッドロックスの一本一本がくっきりシャープな感じに
            なりました。

            アップです。メンテナンス前とちがいますね。

            blogram投票ボタン
            ドレッドロックスのメンテナンスとカット
            0
              ドレッドロックスのメンテナンスとカットです。

              他店で作られたドレッドロックスです。




              長さを半分ぐらいにカットして根元を直して毛先を丸めました




              全体的に軽くさっぱりしました。

              blogram投票ボタン
              ドレッドロックス メンテナンス
              0
                ドレッドロックスのメンテナンスです。


                とっいっても、お客様の管理がいきとどいており
                ロックスはすばらしいじょうたいです。



                後ろです。

                横です

                あ!ッと言う間にメンテナンス終了!

                いつもドレッドロックスをかわいがって下さいまして
                ありがとうございます!!

                blogram投票ボタン
                意外な結末と感謝!
                0
                   他店で作ったドレッドロックスのリペアでご予約頂いた
                  お客様です。

                  まずはお見えになった時のドレッドの状態です。

                  お客様のお話によると施術してやく2ヶ月程らしいですが
                  ドレッドロックスが崩れてくるのと何本か取れてしまったそうです。
                  そして全体をチェックさせて頂きました。
                  お客様としばらくミーティング。
                  これからしばらくは(数年)ドレッドロックスにしていたいそうです。
                  その事をふまえて話し合った結果、ある答えを出し施術に入りました。

                  まず、グズグズに崩れる原因です。
                  よく見ると、2種類のエクステでドレッドを作られています
                  特徴的なのは2種類の色が縞模様になっているのが
                  わかると思います。
                  この状態はどういう事かと言うと、2種類のエクステを自毛に
                  ただ巻き付けている状態です。
                  しかも、毛先の処理がいまいち出来ていないようで
                  ドレッドの途中からひょろひょろと出てきてしまっています。
                  パッと見はドレッド風になっていますが決してドレッドロックス
                  とは言いがたい状態ですね。毛先を持って表面を上下に動かすと
                  ズルズルっとずれて中身が見えてしまいます。
                  なので、まず表面のエクステを取り除いていきます。

                  中身が現れました。
                  単なる三つ編みです・・・・・。

                  結果話し合った答えは

                  ほどきます。

                  最初のにチェックさせて頂いた時にこういう状態が
                  わかっていたので私の頭の片隅には最終決断としては
                  あったのですが、ドレッドを直しに来ているのに、ほどく
                  と言う決断はなかなか言い出せずにいました・・・・。
                  しかし、ご本人はドレッドをずっとしていたいそうで
                  今回、時間をかけて直しても、今回の様に基があまりにも
                  不完全な状態であれば、いつかその状態は破綻します。
                  なので、思い切ってお客様に提案をしてみた所
                  快くその提案を快諾して頂きました。



                  ご本人としてはつらい決断だったと思います。

                  しかし私もこの決断には正直悩みました、他店で作った
                  ドレッドをほどきましょう!と言う提案をするのは
                  私のエゴではないかと・・・・・

                  そんな決断を信頼して私に任せて下さった
                  お客様に感謝です。本当に感謝です。

                  ありがとうございました。

                  11月にloopでドレッドロックスにすると言って下さいまして
                  ありがとうございます。
                  その時は私もがんばって良いドレッドロックス作らせて頂きます。

                  また再会するのを願ってお互い握手をして帰られました。

                  今日はありがとうございました!!

                  blogram投票ボタン
                  アフロドレッドのリペアとスタイルチェンジ
                  0
                     アフロドレッドのリペアです
                    まずは久々のリペアからです。前回のリペアからそこそこの時間が
                    経過しています・・・・・
                    ロックス自体は自然に出来ていてとてもいい状態ですが
                    やはり根元の髪が出てきてしまっています。
                    まずはこの髪を入れていき根元近辺のロックスをきれいにしていきます。
                    スタイルチェンジをしていきます。
                    コンセプトはモヒカンのドレッドロックスなので
                    サイドからバリカンで短くしていきます。
                    そしてロックスを約半分ぐらいにカットしていきます。
                    半分に切ったロックスを数センチほどきます。
                    そしてほどいた毛先を新たにロックしていきます。



                    こんなカンジにリペアとスタイルチェンジが完了しました
                    最初の状態からずいぶん軽い印象とサイドのバリカンで
                    爽やかな感じに仕上がりました。
                    お疲れ様でした。


                    blogram投票ボタン
                    Dreadlocks 自毛のアフロドレッド
                    0
                       Dreadlocks 自毛でのアフロドレッドです。

                      エクステなどは一切使わず自毛のみで作りました。

                      まずは最初の状態です。
                      髪質は毛量があり自然なくせ毛です。



                      コノ髪にアフロをかけていきます。


                      かなりの大きさになりました。


                      そして、いよいよDreadlocks アフロドレッドにしていきます
                      Dreadlocks の作り方は色々ありますが今回は三つ編みなどの
                      編みは一切入れず最初からLockさせていきます。


                      編み目が無い状態のDreadlocks です。
                      後ろ姿です。

                      前からです。


                      出来たすぐは多少立ち上がりありボリュームが
                      出やすくなりますが数日経つと自然に収まります。

                      長い時間お疲れ様でした、ありがとうございます。




                      blogram投票ボタン
                      Loopホームページ
                      www.Loop55.com
                      Loopのヘアスタイルをリアルタイムで紹介いたします
                      Loop-TV

                      ブログパーツUL5